投資信託を損切しました【日経平均は年初来高値】

はい、こんにちは、いちろうおじさんです。

 

まさか、日経平均が2万2,000円を超えて一時2万3,000円を付けるなんて思ってもいませんでした。

米株が上がってもピクリともしなかった日本株が連日急伸。毎日ビックリでした。

米中が一時休戦を見せてから一気にきましたね。

 

そこで、このタイミングで投資信託を手放すことにしました。

120万円分が100万まで評価が落ちたこともあり、株高局面が来たら手放すことに決めていました。

結果:約8万円の損切

内訳:三菱ジャスダック -6,821円

   レオス      -5,862円

   みのり      ー6万5,866円

 

アクティブ投信はこりごりです。

結局、プロが運用しようとも株価が上がらないことには評価が上がらない。

しかも、年1%以上の手数料がかかる。配当金もない。

 

投資信託を購入する際は、株安局面で仕込むのがいいです。

株高局面だと、そこから上を目指しにくい。

初めから勝ちスジのないゲームに参加するようなものです。

 

個人的には、自分で銘柄を選んで普通株に投資した方がいいと思います。

銘柄を選ぶ時間のない人が、代わりに選んでもらうのがアクティブ投信でしょうか。

外国株や債券に投資できるのは魅力の一つですね。

スポンサーリンク

今後の株価

ある日突然落ちるのが怖くて、早々に手放した私ですが年内は持ちこたえるような気がします。

あくまで気がするだけです。感覚なのです。

米株も好調です。

それでも金は最高値圏を維持しており、市場の暴落を警戒してる人が多いことを示していると思います。

2019年の始まりはアップルショックの暴落から始まりました。

何かきっかけがあれば、一気にマネーは株から引いていきます。

 

今の株高は理由が分かりません。

企業業績も特別良いわけでもなく、消費者の消費もデフレ慣れ。

世界的な低金利で、利回りを求めてるマネーが流れてるだけなのでは。。

スポンサーリンク