ゲーム実況

先日、ユーチューブにゲーム動画を2本アップしてみました。

>動画はこちら

ゲーム実況と言いたいのですが、まったく実況してないのでゲーム動画。

 

こんにちは、いちろうおじさんです。

 

いや、むずかしいけど、おもしろかった。

今見たら、視聴回数15回😃

うははは、よくクリックしてくれました。

クリックしてくれた方、ありがとうございます。

 

最初やる時は、異様に緊張しましたよ。

まず、一人でしゃべる事がむずかしい。(慣れなんでしょうけど)

ゲームしながらしゃべる事がむずかしい。(普通にゲームに集中してしまう)

何をどうすればいいか、右も左も分からない。

それでも続けてみるつもりなので、回数と経験を重ねて実況らしくなればなと。

 

スポンサーリンク

動機

まさか、ゲーム動画をユーチューブにアップするなんて思ってもみませんでしたよ。

テレビのない生活をしてまして、ラジオつけながらのユーチューブ見るのが日課みたいなものなんですが。

ある日、「モンハンWアイスボーン」の実況を見てる時「あれ、自分でもできんじゃね?」と、唐突に思ったんです。

 

そう思ったら、とにかく自分で試してみたくなって、ユーチューブで「ゲーム実況の仕方」を検索。

すると、思ってた以上に簡単にできる事が分かりました。

購入したのは2点。動画で紹介されたのをそのまま購入でした。

 

Elgato Game Capture HD60

ゲーム機とパソコンをつなぎます。

中古で1万5,000円程。

古い型なので、中古しかない感じでした。

Elgato Game Capture HD60 [並行輸入品]

Blue Micro Snowball

マイクです。

1万円程。

安いのもありますが、動画ですごくおすすめされてました。

Blue Micro Snowball USB 2.0マイク ホワイトクローム 14000 (並行輸入品)

 

パソコンとゲーム機を持ってる人でしたら、ゲームキャプチャーとマイクを買えば動画アップできるんです。

めちゃめちゃ簡単。

そして、操作もめちゃめちゃ簡単。

ソフトはElgatoからダウンロードできます。

 

今回、一番の気がかりはパソコンの性能でした。

私のパソコン、中古で買った3万円のスリム型デスクトップなんです😱

ちょー貧弱。

もちろんグラフィックボードなんて積んでません。

ネット見れればいいやという気持ちで買ったので。。

ですので、購入したゲームキャプチャーは「ハードウェアエンコード」というパソコンの性能に依らない物を選びました。

今の主流は「ソフトウェアエンコード」だそうです。

 

そして、パソコンが貧弱すぎて動画編集できないんじゃないかと不安でした。

しかし動画をカットする分には問題なくできました。

よかったよ。やるな3万円。

カット以上の編集はまだ試していません。どこまでできるか。

 

動画投稿おすすめ

おもしろいかもしれない。

かなり意外でしたが、おもしろいかもしれない。

スマホだけで動画投稿できるみたいなので、とりあえずお試しで投稿するのおすすめです。

非公開とか設定できるので。

自分の動画をユーチューブから見れるのは新鮮です。

ちなみに、広告を入れて収益を出すにはチャンネル登録者数1,000人以上が必要です。

 

それでは、今日はこの辺で。

お付き合いありがとうございました🙂

スポンサーリンク