公共サービスの一律限界【2回線のために6,000万円の修理費】

こんにちは、いちろうおじさんです。

関東を襲った台風15号。

千葉県を中心に大規模停電を引き起こし、復旧には想定以上の時間がかかっています。

今回の大規模停電には施設の老朽化も指摘されました。

・送電線の鉄塔の大部分は1970年代に建てられた (40年以上経過)

・東電の2015年の設備投資は約2,000億円 (1991年は9,000億円)

・電柱の地中化には20倍近い費用がかかる

Left Caption

トラまる

東電は原発事故でお金がなくなり、設備投資を削っているよ

インフラの老朽化は前々から言われています。

巨額のお金が必要なことから先送りにされ、「コンパクトシティー」など住民から不満がでそうな政策も先には進みません。

しかし、結局は税金という形で国民に跳ね返ってくるわけです。

スポンサーリンク

公共サービスの一律限界【2回線のために6,000万円の修理費】

沖縄県の1つの小島が2015年の台風で、電話の海底ケーブルが断線しました。

固定電話の契約回線は2回線です。

「携帯電話でいんじゃない?」

いえ、ところが、

Right Caption

にゃん吉

長崎から専用船を出して半年かけて修理したよ

その費用5,000~6,000万円😨

「いやいや、ちょっと待ってよ、よく考えよう」

「携帯電話の何がダメなの?」

この6,000万円、契約してる人が払うなら止めないけど、NTTの通信料としてみんなから集めてますよね。

元気玉と同じだ。

Left Caption

トラまる

NTT法が「全国での公平かつ安定的な提供」を義務づけてるよ

こういう「経済合理性」をまったく無視したインフラ整備ってどうなんでしょう。

・公平 = 同じ料金 ではないですよね

・公平 = 費用に応じた料金 だと思いませんか

公共料金が安くならないのはこういうところですよ。

電話線だけではないはず。電気、水道、郵便も同じことが起きてます。

ガスは?

個人的な意見ですが、ガスは「都市ガス」のエリアが限られていて、エリア外はプロパンを企業と契約するので適正価格だと思います。

人口密度に応じて価格を変えるべき【公共料金】

ガスは都市ガスが安く、エリア外だと割高なプロパンを契約します。

私もプロパンです。

人手を使って重いプロパンを運ぶわけですから料金が高くなって当然です。

これからますます人口減になります。他のインフラでも価格差をつけた方がいい。

静岡市は2020年4月に料金を14.8%値上げします。

14.8%ってかなりですよ😱

住宅がまばらな地域にも同じ場所に水道管を引き直すそうです。

まばらな地域の人にはありがたいですが、これだとコンパクトシティーは進みません。

Right Caption

にゃん吉

コンパクトシティーは居住エリアを小さくしてインフラ維持を安くするよ

基本料金、使用料、そして「設備維持費」を別途集めるべきです。

設備維持費はもちろん人口密度によって変わります。

過疎地では高く、都市部では安い、マンションでは0円もしくはマイナスでもいいでしょう。

価格にメリハリをつけてコンパクトシティーを促し、非効率なインフラ維持を小さくするべきだと思います。

声を上げない善良で勤勉な市民から巻き上げるだけではダメです。

郵便はどうなの?

郵便はといいますと、郵便局の数を減らすつもりは一切ありません😅

郵政は完全に政治なので、合理性とは無縁でしょう。

過疎地では、役場が撤退して業務を郵便局が引き継ぐ動きがあります。

少しでも仕事らしい仕事をしてもらえたらいいですね。

まとめ

物事は一気に進めると問題が起きるので、ゆっくりでいいので進めていって欲しいです。

・東電は原発事故でお金がなく、設備投資を削る

・NTTは2回線のために6,000億円かけて海底ケーブルを修理する

・静岡市は2020年4月水道料金を14.8%値上げ

・コンパクトシティーは全く進まない

・公共料金は人口密度によって変えるべきだと思う

最後までお付き合いありがとうございました🙂

 

スポンサーリンク