サラリーマンお金の貯め方【お金は貯めない・貯まるもの】

こんにちは、いちろうおじさんです。

 

はい、突然ですがみなさん貯金してますか?

「なかなか貯まらないよ」という声が一番多いのではないでしょうか。

最近では、堅実な人が増えてきてる印象があり「順調です」という人もいるかもしれません。

 

さてここで、地方の中小勤務でも年100万円は貯まってる「私」の貯め方やお金の考え方を勝手ながらご紹介したいと思います。

「お金を貯めたい」そう思ってる方の少しでもお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

お金は貯めても貯まりません【貯まる仕組みを作る】

まず「お金を貯めよう」と思ってする事はなんですか?

・毎月コツコツと決めたお金を貯金する

・電気代や食費を節約する

・外食や飲み会の回数を減らしたり、趣味や洋服に使うお金を減らす

・日用品を特売やセールでまとめ買いする

こんな感じでしょうか?

でも、これって「お金貯まる」と思いますか? 

これで貯める事できたら、誰も悩む必要ないです。自分に我慢を必要とする事は続かないんです。

 

そこで、どういう時「お金貯まったか」考えてみて下さい。

仕事が忙しくて振り回されてバタバタ。やっと落ち着いてお金を下した時「あれ、こんなに貯まってたんだ」

そういうことありませんか?

 

お金の貯め方は、

我慢して貯金箱にコインを入れる事ではなく、気付いたら貯まってた。

これです!

 

仕組み① お金の収支を年単位で考える

「お金を貯める」その極意で、基本の考え方が「お金の収支を年単位で考える」です。

月単位で収支を考えてはいけません。

たとえば、

今月は出費が重なったから節約しよう

・今月は余裕があるから好きなことに使う

・ボーナス出たからパッと好きなことに使う

(特にボーナスです。ボーナスは臨時収入ではありません。決められた収入で年収の一部です)

月単位だと全体を大きく考えられず、我慢して貯金するイメージに近くなります。

 

(年単位の考え方・実例)

手取り 330万円

・生活費 11×12=132万円 (家賃4.5・食費4.5・水道高熱通信2)

・車 22万円 (ガソリン1×12・保険車検10)

手取りー 生活費ー 車= 残り 約175万円

年間で約175万円が自分の意志で動かせる金額という事になり、実際に自分の置かれた状況がはっきりと分かります。

生命保険など固定費は人によって増えると思います。

全体を大きく考える事ができるようになったと思いませんか?

 

そして次に大事になるのがどう使うか?です。

 

仕組み② サラリーマンにできる事は使い方を工夫する事だけ

サラリーマンは給料が決まってます。

 

給料を上げるには残業と出世ですが、「私」の会社は肩書が付いても1,000円単位なのであれば嬉しい程度です。

残業と出世で稼げるならそれが一番いいですが、そうでないなら支出を工夫するしかありません。

 

自由なお金が175万円で100万円は確実に貯金すると残り75万円

・臨時の出費に備え10万円を予備にすると残り65万円

・65÷ 12= 5.4万円 

月に使ってもいいお金は5万4千円になりますね。

このように、まずは年単位で考えて月に使ってもいい金額を計算します。

外食・趣味・交際・服などをトータルで5万4千円に収めた生活を続ければ100万円貯まる訳です。もしくは、50万円の買い物をして後は質素にでもいいです。

もちろん、それ以下で生活すればもっと貯まります。

 

我慢して貯めるのではなく、使える範囲の中で自由に使って貯まる。

節約はほどほどで大丈夫です。

 

いかがでしたでしょうか?

少しでも「お金が貯まる」イメージが持てましたらなによりです。

 

仕組み③ 難しい事は考えたくないよもっと簡単に

「小難しい計算とか大嫌いです」

そういう方向けの簡単な貯金法があります。

・ボーナス全額を貯金する(ボーナス全額貯金法)

それがこれ、「ボーナス全額貯金法」

簡単便利、毎月の給与で生活するだけです。ボーナスを当てにしない。

おおざっぱな方にはおすすめです!

 

まとめ

お金は貯めようとしても貯まらない(節約では貯まらない)

・お金が貯まる仕組みを作るべき

・お金の収支を年単位で考える

おおざっぱな方には「ボーナス全額貯金法」がおすすめ

最後までお付き合いありがとうございました🙂

 

スポンサーリンク