SBIが地銀連合で第4のメガバンクを目指す【まずは島根銀と業務提携】

はい、こんにちは、いちろうおじさんです。

 

日本の政策金利は現在マイナス0.1%

2%の物価目標を掲げ、政策金利を0%にした異次元緩和が2013年4月😨

いや、もう6年以上経ってるんですけど。。

全くもって全然上がらなかった物価。

 

業を煮やし、マイナス0.1%に踏み込んだのが2016年1月。

それでもぴくりともしない物価。

もう日銀の物価目標2%なんて信じてる人はいないでしょう。

それでもこのスタンスを崩すわけにはいかない、それでいいと思います。

物価が上がらないのは日銀のせいではありません。

給与は上がらないのに社会保障だけが上がり、手取りが少ないんです。

 

給与が上がらないのも仕方ない。

モノづくりの日本デジタルで出遅れ。人口構成。活力低い。生産性低い。規制多い。

 

そんなこんなで価格に厳しい日本で物価が上がることはなく、異次元緩和だけが続きました。

そしてこの異次元緩和で厳しい状況に立たされたのが銀行。中でも地方の銀行です。

スポンサーリンク

地銀は苦しんでます

銀行は集めた預金で国債を買うだけで利益が出ました。

国債だけで成り立ってたんです。

ところが政策金利マイナス0.1%となり国債で稼ぐことができなくなり、銀行本来の仕事である地域活性化で稼ぐ必要に迫られました。

しかし、地域活性の仕事は苦手なようで投資信託などリスクのある市場運用を積極化しました。

ところが、地方銀行の投資担当は素人レベルだったみたいです。

・島根銀行は2019年7~9月期決算で19億円の損失を計上😱

島根銀だけではありません。105行のうち約4割の地銀は赤字です。

 

このままでは地銀はやっていけません。

金融庁は地銀の再編や統合を促してきました。が、有力地銀は有力な地銀にしか興味がないようです。

これではいずれ万が一が起き、その場合の地域のダメージは深刻です。

ここで登場したのがSBIホールディングス、ネット証券の最大手です。

 

SBIが地銀連合で第4のメガバンクを目指す【まずは島根銀と業務提携】

「地銀連合構想」

・全国の地方銀行と資本・業務提携する

・共同持ち株会社を中核として、地銀の経営改革を支援する

・SBIが持つフィンテックや運用技術などを提供し成長させる

すごいことを考え付くものです。

やっぱり地方は技術や知識、意識、人材で負けてます。

のんびりしてますよ。良くも悪くも。

そこで、最前線でバリバリ戦ってるSBIの力を借りれば良くなる気がしますよ。悪くなることはない。

まずは第1弾として島根銀行と資本・業務提携を行います。

SBIが25億円を出資し取締役を送ります。

島根銀の再生に「1年もかけるつもりはない」そうです。

すごい力強い。

島根銀の行員の方はめちゃくちゃ仕事することになりそう😂

 

金融庁もSBIに期待して地銀連合構想を支援する。

市場も期待して、島根銀の株価が上がりました。

ついでに、連合に入りそうな状況の厳しい地銀も値上がりました😅

こういう社会の問題を解決する仕事はほんとに素晴らしい仕事ですね。

ぜひ成功することをお祈りしております。

 

まとめ

困ってる人を助ける、みんなが幸せになれる、とても良い構想です。

優等生と言われながら裏で不正三昧のスルガ銀行も支援されるかも。

SBIはもちろん企業です。

「救済はない、地域活性化に一緒に汗をかける」ことが支援の条件。と、もちろん厳しい。

・日銀の異次元緩和で地方銀行の約4割が赤字に

・SBIが地銀連合構想を立ち上げ

・第1弾として島根銀行と資本・業務提携

最後までお付き合いありがとうございました🙂

スポンサーリンク