食べ物を捨てるとバチが当たる【食品ロスを減らせ】

こんにちは、いちろうおじさんです

 

けちけちな家庭で育った、けちんぼな私には信じられない事ですが

2016年度の食品ロス量

・事業者から352万トン

・家庭から291万トン

・年間一人あたり51キロ

こんなに食べ物を捨ててるなんて😱

そこらじゅうでバチが当たりまくりです

事業者から352万トンって、毎日1万トン捨ててるのか。。

毎日10tトラック1,000台分の食べ物を捨てるなんて、おそろしい

捨てるぐらいなら私にくれないかな。。仕事辞めてそれ食べて生きるよ

 

と、そんな食品ロス問題ですが、大問題ですが、「食品ロス削減推進法」が成立し今秋から施行されます

スポンサーリンク

「食品ロス削減推進法」で食品ロスを減らす

いくらなんでも食べ物を捨てすぎだと感じたのでしょう

「食品ロス削減推進法」とは

・2030年度までに食品ロスを半分にする目標

・地方自治体は推進計画を作る努力義務

・企業は削減に取り組む責務

・罰則はなし

罰則はありませんが、食品ロスに取り組む企業が出てきています

(食べ物を捨てる企業というのはイメージが悪い)

 

食品メーカーがスーパーなどに納品する時に「3分の1」という業界のルールがあります

Left Caption

トラまる

納品する時に、賞味期限が「3分の1」を過ぎると納品できないよ
Right Caption

にゃん吉

「3分の1」過ぎた食品は全て廃棄するしかないんだ

この業界ルールを見直して、

「セブン&アイ」、「ファミリーマート」、「ヤオコー」「2分の1」まで納品できるようになった

 

食品メーカー側も対策してます

賞味期限の表示を「年月日」から「年月」のみ表示に変更

お買い物をする時、1日でも新しいのを奥から引っ張り出す。。なんて事ありませんか😅

新しいのから売れて古いのが残り廃棄へ。。それを防ぐ狙いです

 

「カルビー」、「日本水産」、「キューピー」、「ハウス食品」

缶詰やレトルトなど、賞味期限が長い商品ですね

ポテトチップスも「年月」のみの表示になっているようです(まだ確認していません)

 

これで少しでも食品ロスが減るといいですね

 

寄付された食品を必要な人に届ける【フードバンク】

海外を見ると食品ロスの意識は高いです

特に「フランス」、「パリ協定」でも環境への意識が非常に高いですね

・食品廃棄禁止法: 400平方メートル以上の店舗は、賞味切れでの食品の廃棄を禁じる

・大規模店は、食品を寄付する「フードバンク」との契約を義務付ける

・罰則あり

これ、すごくないですか

賞味が切れそうな(切れた)食品は、寄付する事が法律で決められているんです

とてもいい取り組みだと思います、「フードバンク」から食品もらえたら老後も安心だ

 

日本にも「フードバンク」あります

知りませんでした

日本でもこんな素晴らしい活動があるなんて

日本の「フードバンク」

・寄付された食品を、必要としている家庭や施設に送る

・人件費などは寄付金でまかなっている

・2019年のNPOは約120団体

・取り扱い量は、2015年で3,800トン

「ローソン」、「三菱食品」、「モスフード」、「セブン&アイ」など多くの企業が参加してます

しかし、まだまだ寄付が少ないですね

352万トン捨ててるのに、その内3,800トンって桁どころか単位が違いますよ

もっと寄付下さい

 

日本で寄付が進まない気がかりな点が一つ

Left Caption

トラまる

食中毒などが発生した場合、米国や韓国では故意でなければ免責となるよ
Right Caption

にゃん吉

日本には免責の規定がなく、責任を問われる事になりそうだ
善意の寄付で、賠償問題とか言われたらたまったもんじゃないか。。
 
もっと寄付しやすい環境を整える必要がありそうです

 

まとめ

いかがだったでしょうか

食品ロスの多さにビックリしませんでしたか

作って捨ててるわけだから、生産効率は上がってるのに労働時間が減らないのはこういう所にも原因がありそうだ

せっかく作ったんだから、せめて有効活用して欲しいですね

・事業者からの食品ロスは、352万トン

・「食品ロス削減推進法」が成立し今秋から施行される

・日本でも「フードバンク」のNPO団体がある

最後までお付き合いありがとうございました🙂

スポンサーリンク