社会保障費まだまだ上がるよ【日本は最大の保障国家】

こんにちは、いちろうおじさんです。

 

お盆になりました。

お墓参りや、じいちゃんばあちゃんの所に行かれた方が多い事でしょう。

ふと、自分がじいさんになった時の事や、上がり続けてる社会保険料が気になって調べてみました。

 

社会保障費はとんでもない勢いで増えてました😨

 

スポンサーリンク

増え続ける社会保障費【どこまでも増える】

社会保障費の中身は大きく3つになります。(年金・医療・介護福祉)

 

 

1990年

2000年

2010年

2018年(予算

年金

24.0兆円 41.2兆円 53.0兆円 56.7兆円

医療

18.6兆円 26.2兆円 33.2兆円 39.2兆円

介護福祉

4.8兆円 11.0兆円 19.2兆円 25.3兆円

合計

47.4兆円 78.4兆円 105.4兆円 121.3兆円

1990年(平成2)から2010年(平成22年)の20年間で2倍以上になってます。

しかも、それ以降も勢いが止まらず8年間で約20兆円の増加という想像できないレベルです。

年金・医療・介護福祉はどれも長寿と命に直結する問題なので、予算の削減がほとんど出来ないのでしょう。

 

増え続けている社会保障費ですが、どうやって支払っているかというと国債です😅

平成30年度は約33兆円の社会保障費を税金から支出してますが、ほぼそれと同額の国債を発行してます。

国の借金が増え続けてると指摘されますが、増え続ける社会保障費の穴埋めをしてるんですね。(問題の先送りで、次の世代に丸投げ)

 

今後はどうなるの?【さらに厳しくなります】

この先の見通しについてもはっきりと示されてます。

さすが、官僚は日本の優秀な人材が集まってますね。データは完璧です。

危ない年度に赤線まで引っ張ってありますよ。未来に未来はありません。

 

 

2022~2025

2026~2030

2041~2050

75歳以上

+75万人 +22万人 +18万人

20~74歳

―107万人 ―67万人 ―93万人
 

団塊世代が75歳以上になり始める

全ての団塊世代が75歳以上

団塊ジュニア世代が75歳以上

社会保障費のお世話になる人より、それを支える働く人の減り方がすごいんですけど。。

これってもう大丈夫じゃないよね😂今の制度を維持できるわけない。。

 

75歳以上から医療費・介護費が大きく増えます

年齢別の医療と介護に費用がどれだけかかるか示されてます。

75歳以上になると、医療・介護共に跳ね上がりますね。

平均1人当たり: 医療費91万円・ 介護費48万円

(医療費の金額は75歳以上が多いですが、伸び率は子供の方が大くなります。詳しくはまた次回)

 

75歳以上の急増は分かっている事なので、社会保障費もそれだけ増えるという事です。

2020~2030の10年間で単純な計算をしてみましょう。

約100万人増 × (91万円 + 48万円)= 13,900憶円

年金以外の医療・介護だけで、今より1兆3,900億円増えることが分かってます。

どうするんだろ、って消費税を10%に上げましたね。

足りるのかな。。

 

保険料って上がり続けてるよね?

もちろん消費税で解決するわけもなく、保険料は上がり続けてます。

サラリーマンにはけっこう重たい保険料ですが、11%近く上がったのに対し、給料は6%しか上がってません。(医療と介護は36%上がってますが。。)

 

実質賃金が下がってるというのはこの事で、物価が上がらないのも当然でしょう。

手取りが少ないんだから、安い物を求めます。景気も良くならない。

 

改革しかない【分かっちゃいるけど始められない】

働く人が減り続け、景気も良くならずで税収には期待できません。

歳入が増えなければ、歳出を減らして帳尻を合わせる。

ようやくここから改革の話が始まります(官僚はこれが言いたかったはず)

表によると医療費の増加の内、半分は高齢化でしかたがないとされてますが、残りの半分は「その他」となってます。

 

「その他」ってなんだよって、お医者さんのお給料です。お医者さんってめちゃくちゃお金持ちじゃないですか。。

日本は国民皆保険で原則3割負担ですが、高齢者は1割負担・子供は2割負担です。さらに自治体が優遇している所も多いです。(住民の争奪)

 

安くて良い医療 → どんどん病人(お客)が来る → 病院が儲かる(税金が入ってくる) 

窓口の負担を値上げして医療費を抑えると、病院の儲けが減るわけです。

日本には誰もが分かってるけど、改革できない非効率が存在します。

 

・湿布やビタミン剤を保険適応で病院から出してもらう(ドラックストアより安い)

・コンビニの数より多い薬局の数(医者の指示で薬を出すだけで利益を出せる)

・他の先進国と比べて、長い入院日数と多い病院のベッド

・費用の割に効果が薄い薬でも保険適応(他の国では適応外)

みんな分かってるんです。官僚が分からないはずない。どうすればいいか方向性も示してるし具体的な施策も出してます。

でも、始まらないんです。

 

医師会の政治力によって骨抜きにされるのが毎度のパターン。

(医師会・農協・郵政などなどは自民党の有力支持団体で選挙で票を集める)

日本を変えたい→ 与党になる必要がある→ 支持団体が必要→ 日本を変えられない

 

世界と比べたら日本ってどうなの?

最後に、他の国と比べた日本を簡単に見てみます。

縦が社会保障の支出で、横が国民の負担です。

 

・どの国も保障が増えれば、負担が増えるという関係(福祉国家も保障の分だけ負担が大きい)

・2015年からの日本は保障の割に負担が少ない、最大の保障国家

このまま改革を進めなければ、さらに保障だけはすごいですね。(福祉先進国ではない)

将来世代にツケを回し続けながら、行ける所まで行くのでしょうか。

 

どのみち、負担を増やして保障を減らすしかないでしょう。

その先には格差の拡大が待ってると思います。

 

まとめ

・社会保障費が増え続けている(2010年から100兆円超え)

・2030年までに75歳以上は約100万人増え、働く世代は約170万人減る

・保険料は上がり続け、実質賃金は下がっている

・医療費の改革はなかなか実行されない

・世界と比べると、日本は国民負担が少ない

最後までお付き合いありがとうございました🙂

スポンサーリンク