売れてる企業は個性的【ELECOM・サラダコスモ】

経済ニュース企業

はい、いちろうおじさんです。

もう何度でも言います。「暑い暑い暑い」

特に今日は格別きつく感じた。一日中ダルイ。

こんな時は冷房バッチリの家電屋さんに行って、のんびりブラブラしたいものです。

そんな家電屋さんでパソコンコーナーに行けば、このメーカーが「ずらーーっ」と並んでいるはずです。

「ELECOM」「ELECOM」「ELECOM」「ELECOM」「ELECOM」

あれもこれも、それも、いったい何種類作ってるんだ?と思う。しかも、前来た時と違う商品が置いてある。新商品なのかな?いつも新商品が置いてるような。。

それで、欲しい商品を探していると「機能は十分だな」、「価格は安いと」、「デザインもまー無難」よしこれにするか。名前を見ると「ELECOM」

やっぱり「ELECOM」なんだな。

絶好調「ELECOM」毎年4,000個の新製品を出す

企業業績も絶好調で10年間で売り上げが2倍になってます。株価も高値圏を維持。

営業利益率も13%とライバルより高いです。(バッファロー7%)

そんな「ELECOM」の強さの秘密とは

・毎年4,000個の新製品を発売

毎年4,000個はいなくなる(アイテム総数は12,000個)

・商品化を会議で決めない(開発者がメールで打診、すぐ返事来る)

・300人の営業マン達が消費者の要望を聞いて、数か月後には商品化する

すごい。すごいよこの会社。

毎年4,000個ってほんとなのかと疑ってしまうくらいです。

4,000個のアイデア出すだけでも普通は出来ないですよ。それを製品化までするなんて。

また、会議大好き日本人なのに会議せずにメールで決めるってとこがいいです。

やっぱり、強い会社はライバルがしてない努力をしてますね。

次は「もやし」で絶好調の会社です。

絶好調「サラダコスモ」もやしを80円で売りまくる

今まで「もやし」を買う事がなかったので知らなかったのですが、「もやし」は30~40円が相場だそうです。

そんな中にあって、倍の80円で売れる「もやし」がありました。

「大豆イソフラボン 子大豆もやし」

人気の秘密は

大豆が原料のもやし(ふつうは緑豆)

・無漂白、無添加

・農水省から「機能性表示」の認定を受けた(大豆イソフラボンが骨に効果がある)

・袋のままレンジで調理して食べられる(専用のフィルムを開発)

なんかすごい体に良さそうです。

「もやし」としてだけでなく「健康食品」として売れてそうです。

岐阜県に80憶円の新工場を作るみたいですので、その好調ぶりが伝わります。

今年の健康診断オールAの私ですが、ますますの健康を祈願して明日「子大豆もやし」買ってみます。

まとめ

減益を発表する企業が多い中、好調を維持する会社もありました

「ELECOM」:毎年4,000個の新製品を作り入れ替えていく

・「サラダコスモ」:機能性表示の「大豆イソフラボンもやし」が人気

最後までお付き合いありがとうございました🙂