安心大企業まさかの不祥事【セブンペイ終了・リクナビ不適切データ販売・郵政かんぽ不正な保険販売】

2019年8月25日

こんにちは、いちろうおじさんです。

このブランド好きだな、使いやすくて自分に合ってる。

そういうのありますよね。

私はCOWブランドの無添加シャンプー気に入ってずっと使ってるんですよ。

なんて、おじさんのシャンプーなんてどうでもいいですね。

そんなブランド(企業イメージ)で多くの人から安心と信頼を得ていた大企業が、

立て続けにまさかの大不祥事です。

セブンイレブン・リクルート・郵便局かんぽ生命。

スポンサーリンク

「セブンペイ」9月末でサービス終了

「セブンペイ」まさかでした。

サービス開始ですぐに不正利用。

「セブンイレブン」なら絶対安心というイメージあったと思います。

私はありました。どこよりもちゃんとしてる。

だからこそ、サービス開始3日間で150万人以上の登録があったはずです。

報道では、サービスの手軽さ便利さを重視して安全性が甘くなったとしてあります。

きっと社内でも安全性を高めるべきという意見あったと思います。

でも経営陣の判断が最終判断です。

おじさんのデジタルに対する理解がこれなんです。たぶん。

しかし、タイミングがなんとも悪い。

鈴木会長がいたらこんな事にならなかったと思われても仕方ない。。

24時間営業問題とか。。

「セブンペイ」は9月末でサービス終了になりますが、

再発防止策を練って再び挑戦するつもりみたいです。

今度こそ、これぞ「セブン」というサービスを待ってます。

リクナビ【就活学生の内定辞退率を企業に販売】

これもまたまさかです。

「リクルート」といえば起業家を出し続ける、やる気と能力のある人材が集まる会社。

そして、「リクナビ」は就活生のほとんどが利用するサービスだけに問題は大きくなりそうです。

今回のリクナビ騒動の内容

就活生がどの企業情報を閲覧したかなどをAIで分析

・選考や内定の辞退確率を予測し、大手メーカーなどに販売

・個人名の予測データは「個人情報」にあたり、外部提供は本人同意が必要

・規約で同意を得ていたが、具体的な利用法が示されず有効ではない。との見方がでた

リクナビは7月末でデータ販売を休止

リクナビとしては同意を得ていたので問題ないとの認識だったのでしょう。

AIを使いデータを販売して稼ぐ新しい稼ぎ方だけに、知らずにルール違反を犯してしまったのでは。

しかし、就活生としては自分の知らない所でそんなデータをやり取りされてはたまりませんね。

個人情報保護委員会が事実関係の確認を始めたので、後日なんらかの発表があるでしょう。

今回の件が、今後の細かなルールとその周知となります。

これは許されない!郵政かんぽ不正な保険販売

これはもうまさかでは済まされません。

上の2つはまだ人のミスでしたが、これは明らかに悪意ある行いです。

分かっててやってます。

郵便局は民営化したとはいえ、半分は公務員って思いませんか?

私は思ってます。

その郵便局が「ノルマ」達成のため人を騙すとは。。

しかもかなり悪質。

保険料を二重で徴収(契約の重複期間がある)

・保険を解約して次の保険までに期間が空く(無保険期間)

契約から2~3年で次の契約に乗り換えさせる

・契約を乗り換える時、新たな病気が見つかり保険に加入できない

・病気が見つかると契約解除で保険金を払わない

いや、もう、まっとうな表の商売じゃない。

しかも狙われたのが高齢者となってます。

犯罪組織でしょ😨

不正の疑いのある契約は18万件だそうです。

不正が基本なんですね。

郵便局には「ノルマ」重視の風土があり、民営化で保険契約の「ノルマ」が2倍になったそうです。

リクナビは「令和」の問題でしたけど、郵政は「昭和」。

かんぽ生命保険の販売自粛とか当たり前だけど、車保険とアフラックは継続だったはず。

かんぽ生命は、過去5年間の全3千万件の契約について調査をするらしいです。

郵便局と違って、危機感を感じますけど信頼回復はほんとに厳しいと思います。

まとめ

・安心の大企業による不祥事が相次いだ

「セブンペイ」は9月末でサービス終了

リクナビが就活生の内定辞退率を企業に販売していた(7月末で販売休止)

・郵便局が不正な保険販売(もはや犯罪)

最後までありがとうございました🙂

スポンサーリンク