店舗は商品確認だけ!?注文はスマホでどうぞ【ビックカメラの新店舗】

経済ニュース企業

こんにちは、いちろうおじさんです。

いやーネット通販って便利ですよね。

いきなりですけど。

家にいながらクリックしたら届けてくれる。

子供の頃は考えられなかった便利さです。

そんなネット通販ですが。

値段の高い商品だけは一旦お店で確認してから。

なんて人も多いんじゃないでしょうか。

でも当然ですよね!だって怖いですもん。イメージと違ったら。

返品するのもめんどくさいし。

それで、何年も前から店舗は「ショールーム化」した、と言われてきました。

特に家電量販店はそのイメージが強かったのですが、

『ビックカメラ』がイメージ通りの店舗を作ったみたいなんです。

QRコードだらけの新店舗『ビックカメラ・ドット・コム』

大阪府八尾市にオープンしたこの新店舗

その名も『ビックカメラ・ドット・コム』

私はもちろん行ったことありませんが!

店内にはQRコードがそこらかしこにある。

サンプルを見て商品確認。スマホで口コミや価格も確認。

在庫を置いてない商品もある。

こんなお店だったら、気兼ねなく商品を見に行けますね!

世の中の流れに沿って、「見せるお店」を出したのはすごい事だと思います。

そんな「見せるお店」ですが、今後もちょっとづつ増えてくるかもしれないです。

海外では『イケア』が見せるためのお店

世界企業の『イケア』

でっかいお店に家具がいっぱいのイメージだと思いますが、

ロンドンにネット注文のみの「見せるお店」があるそうです。

世界の主要都市にオープンする計画。

来年春には東京にも「見せるお店」がオープン予定。

ネット通販は右肩上がりの成長市場で、まだまだ伸びると予想されています。

そうなると「見せるお店」はあちこちで見られるかもしれませんね。

まとめ

ビックカメラが「見せる事」に特化した新店舗オープン。

・家具大手『イケア』も「見せるお店」をオープンしていく。

・ネット通販市場が伸び続けているため、「見せるお店」の重要性は高まる。

最後までお付き合いありがとうございました🙂