暑いのは日本だけじゃない!ヨーロッパに記録的熱波【パリで40度超え観測】

こんにちは、いちろうおじさんです。

学校は夏休みに入り、世間も空も雲もすっかり夏全開。

外回りの私はあまりの暑さにバテ気味です。

さて、いつものように新聞に目を通していると、

 

「25日にパリで40度を超え、過去最高を更新」

。。。え。。。40度超え!!!

いったいどんな暑さなんだ😨

30度超えでも倒れそうなんだが。

しかもパリだけじゃない。

 

スポンサーリンク

ヨーロッパに記録的熱波(各地で最高気温を更新)

この熱波どんな暑さかというと、

・原発2基を一時停止(フランス)

・午後1時~6時の動物の輸送の禁止(フランス)

・外で働く公務員が業務中止(ベルギー)

・線路がゆがむ可能性で列車の速度を落とす(英)

・日中なるべく外に出ないよう呼びかけ(各国)

人間の活動に思いっきり悪影響を与える暑さです。

この様に、気候変動・地球温暖化というのは経済にマイナスなんです。

専門家によると、

「欧州の熱波は人間の活動が原因である可能性が高い」

とある。

今年の6月は地球全体でみても過去最高の暑さだったそうです。

フランスのマクロン大統領が、温室効果ガス削減の『パリ協定』に一生懸命なのも当然です。(米国が脱退表明、中国やる気あるけど道遠い)

というか異常気象はどこにでも起きるので、全ての国家が一生懸命で当然だと思うけど😅

環境を気にしない企業には投資しない【ESG投資】

気候変動そのものがリスクなので、環境を気にしない企業は選びません。

未来も成長する企業を選びましょうというのが『ESG投資』。

投資家(主に年金基金)が企業活動を通して温暖化を抑え未来のリスクを抑える。

・Environment(環境)環境を考える 

Social(社会)社会にやさしく

Governance (企業統治)まじめに誠実に

この流れは、大きくなってきているので

企業も投資家を無視できず温暖化ガス削減に積極的に取り組みます。

まとめ

ヨーロッパで記録的熱波。

・この熱波、人間の活動が原因の可能性。

・気候変動、地球温暖化は経済にマイナス。

・『パリ協定』、『ESG投資』など温暖化を食い止める動きがある。

最後までお付き合いありがとうございます🙂

 

スポンサーリンク