お持ち帰りと店内飲食の価格を同じに(当たり前?)

経済ニュース経済

はい、こんにちは。

投票明けの今日は選挙一色。サプライズもなく自民勝利で終わりました。

公約だった消費税10%も10月の実施で確実です。

そんな中、税率10%の対応に追われている方も多いのではないでしょうか。

特に今回は、食品に軽減税率(8%据え置き)が適応され、さらには増税対策としてキャッシュレス決済にポイント還元をするのだとか。

さて、この軽減税率ですが、

食品のお持ち帰りは税率8%。

・店内での飲食(いわゆる外食)は税率10%。

なんでこんな事するんだ😅

全部8%でいいじゃないか。他国の真似なんだろうけど。

マクドナルドやコンビニ、さらにはイオンまで、お持ち帰りも店内飲食もできるお店は対応に苦しんでいると思います。

そんな中、ケンタッキーフライドチキンが発表しました。

お持ち帰りと店内飲食の価格を同じにします

本体価格を調整して、税込価格を同じにするそうです。

素晴らしい!個人的には素晴らしい決断だと思います。

お持ち帰りで購入して、席に座って食べだすお客さん絶対でるでしょ😨

そうでなくても、10月当日の現場の混乱を考えたら恐ろしいです。

今後、同じ決断をするお店が出てくるかもしれませんね。(残り時間は少ないですが)

まとめ

10月から消費税率が10%になる。

・食品には軽減税率8%が適応される。

・外食は税率10%のため、持ち帰りと店内飲食で税込価格が変わる。

・ケンタッキーは、持ち帰りと店内飲食の税込価格が同じ

最後までご覧いただきありがとうございます🙂